サービス・製品紹介

ポータブル型モータ用心棒®
(オンライン部分放電監視装置)

高圧電動機の運転中に絶縁を監視し、絶縁劣化の予兆を検知します高圧電動機の固定子コイル絶縁は長期の運転による熱的・電気的・機械的・環境的なストレスの複合で劣化が進行します。モータ用心棒はこの劣化の進行状態を把握し、固定子コイル絶縁の突発的な事故を未然に防ぐツールとして活用いただけます。

ポータブル型モータ用心棒
  • 「モータ用心棒®」は、三菱電機プラントエンジニアリング株式会社の登録商標です。

特長

  • 特長1
    高圧電動機の運転中に日常点検レベルで部分放電計測が可能です。
  • 特長2
    計測データのトレンド変化をその場で確認できます。
  • 特長3
    計測データを基に詳細な劣化診断評価を提供します。

サービス内容

  • 当社技術員がデータ計測に伺います。
  • 計測データはその場で確認頂き、別途、劣化評価レポートを提出します。
  • 劣化評価結果を基にした今後の予防保全計画を提案します。

ページトップへ戻る