サービス・製品紹介

パンタグラフすり板測定装置(超音波式)保全

電車の安全・安定輸送に欠かせない検査装置の保全業務を担っています。パンタグラフすり板の摩耗はトロリー線の損傷・切断を発生させ、列車運行に大きな影響を与えます。
本装置は空中超音波センサにより、すり板の摩耗度を自動測定し異常摩耗の検出を行います。また、高い精度で測定されたデータは交換時期の判定にも採用され、お客様のメンテナンスに役立つ事はもとより、車両の信頼性を保つ重要な役割を担っています。
当社では、お客様にとって重要な設備のアフターサービスから装置の更新まで、ワンストップサービスを提供します。

特長

  • 特長1
    設置工事からアフターサービスまでワンストップサービスを提供します。
  • 特長2
    ご使用環境に合わせ、定期保全、障害復旧等の最適な保守サービスを提案します。
  • 特長3
    装置の安定稼働に向け、高度な保安技術を保有した技術者が対応します。

装置概要

トロリー線とちょう架線の間に設置された空中超音波センサにより、パンタグラフの舟体面及びすり板上面までの距離を超音波の往復伝播時間から算出し、すり板の厚さを求めます。
すり板上面の多点計測による局部変化の状態から、段摩耗や損傷等の不良箇所を発見します。

計測用パソコン 画面表示内容

ページトップへ戻る