ここから本文

保守・エンジニアリング情報

UPS(無停電電源装置)予防保全

IT社会を支えるUPSを、保守点検や予防保全で支えています。
概要 特長 サービス内容

概要

システム運用に応じた多彩なサービスメニュー、限られたシステム休止での対応など、お客様のニーズにお応えします。万一の障害も許されないUPSは、経年劣化部品の定期交換も電源の安定供給にとって重要です。

特長

1 全国8,000台以上のUPSを24時間365日体制でサポートしています。
2 定期点検、定期部品交換から緊急出動まで、一貫した体制で対応します。
3 データセンター等の大規模UPSから、ネットワークサーバ用の小型UPSまで、あらゆるUPSを一貫してサポートします。
4 定期点検、定期部品交換から緊急出動まで、一貫した体制で対応します。
5 システム運用に応じたサービスメニュー、限られたシステム休止での対応、などでお客様のニーズにお応えします。
6 メンテナンス実績で得た豊富なデータを基に、高度な診断技術で満足いただけるサービスを提供します。

サービス内容

24時間サービスセンターを中心に各種のサービスを提供します。

緊急電話通報や自動通報を受付けます。夜間・休日のトラブルにも、十分なサービス部品のストックとサービスマンの24時間体制で、迅速に対応します。

サービス内容
緊急出動 24時間サービスマンが待機しています
緊急出動

24時間サービスマンが待機しています。
・24時間サービスコール受付・自動通報受付システム
・24時間サービスコール受付
・自動通報受付システム

遠隔監視システム
遠隔監視システム

蓄電池の劣化診断と寿命予測

UPSの最も重要な構成部品である蓄電池は商用電源の停電時に初めて機能を発揮します。
蓄電池の劣化を早めに発見し、未然に処置をする事が重要です。
劣化が進行した蓄電池は、UPSが機能しない事はもちろん、発煙・発火の恐れもあります。
当社では蓄電池のインピ−ダンスを定期的に測定し、放電容量(放電時間)の算定を行う劣化診断技術と、測定したデータをトレンド管理することで、バッテリの寿命予測を可能としました。

(MSE形蓄電池の例)蓄電池のインピーダンスと放電容量の関係
(MSE形蓄電池の例)
蓄電池のインピーダンスと放電容量の関係
MSE形蓄電池のインピーダンス測定
MSE形蓄電池のインピーダンス測定

寿命を超過した蓄電池
寿命を超過した蓄電池