ここから本文

保守・エンジニアリング情報

MELSEC制御設備監視支援システム

自動運転中の製造プロセス設備のトラブル解決を支援します。
概要 特長 システム内容

概要

本製品はMELSEC-Qシリーズに適用し、MELSEC内部デバイスのデータ収集ソフトウェアと汎用作画ソフト(Soft GOT)を結合した、グラフィック画面のプレイバックシステムです。
収集対象のデータは常時『支援装置PC』のHDに保存されますので、任意の時刻からの描画再生が可能です。又、リアルタイムでの表示機能も有りますので、表示装置の無い設備においては操業状況をビジブル化することができます。
時々刻々と変化するプロセスの状態を過去に遡って表示できますので、トラブル発生時も操業を優先し、不具合原因を後で解析することが可能です。
本システムの画面はお客様の設備・仕様に合わせて製作をいたします。又、お客様が保有する画面データ(GOTシリーズ)を元に、本システム用に変換することも可能です。

特長

1 MELSECで制御している製造プロセスを常時監視します。
2 異常発生時、過去に遡り運転状態を再現できます。
3 制御に使用する大量なデータ(I/O、内部メモリなど)の保存が可能です。
【最大4,096点のデータを50msで記録した場合⇒約6日分のデータを保存(パソコン容量80GB)】
  ※MELSEC:産業設備への適用を対象とした汎用シーケンス制御装置

システム内容

システム構成とデータの流れ
システム構成とデータの流れ

設備監視及び操業支援機能
設備監視及び操業支援機能

現状の状態 リアルタイム状態監視:現在のプロセス状態を常時監視します。
過去の状態
ヒストリカル状態監視:異常発生前に遡ってプロセス状態を表示することができます。
「Ethernet」は、米国Xerox Corporationの登録商標です。
「MELSEC」は、三菱電機株式会社の登録商標です。