ここから本文

保守・エンジニアリング情報

自家発設備のエンジニアリングサポート

お客様の抱える様々な悩みの解決をお手伝いします。
概要 特長 サービス内容 事例

概要

自家発設備(受電設備、配電設備、発電設備)は工場への電力供給を担う、重要な設備です。このような設備の機器面、機能面、運用面での設備改善など、お客様にとって最適のトータルエンジニアリングサポートをいたします。
電源設備の信頼性を向上し、設備への安定した電力供給を確保する、お客様の身近なパートナーとしてお役に立ちます。

特長

1 電源系統の信頼性向上、遮断容量不足、保護協調見直し、技術伝承から設備更新、増設等のお手伝いができます。
2 既設設備のメーカには拘りません。
3 計画〜現地まで含めたトータルでエンジニアリングを提供します。
4 設備の増設・改造・更新もお引き受けします。

サービス内容

工場設備増強や複雑化に伴う電力供給設備の増設・改造をします。
老朽化した電力供給設備の更新をします。

私達は御社のスタッフです!!

こんな問題でお困りではありませんか?
1. 構内事故で健全設備まで停止してしまった。
2. 地絡協調が取れていない。
3. 保護リレーの保護範囲を教育したい。
4. 増設・改造が多く図面が整備されていない。
5. 設備更新したいが停電時間が短い。      などなど…
お任せ下さい。こんな悩みを私達が解決します。

事例

エンジニアリング事例

更新前
お客様の悩み
1. 受電TRのいずれで事故が発生しても全停電になる。
(TRの上流に遮断器が無い)
2. 負荷の区分け・電源のバックアップを考えたい。
(受電停電でTR1の重要負荷が停止してしまう)
3. 保護協調が取れていない。      などなど…
更新後
解決します
1. 各TR一次の断路器を遮断器に変更
2. 連絡遮断器によるバックアップ回路を設置
3. 落雷警報で重要負荷を系統から分離
4. 保護協調・インターロックの見直し
5. 運用方案の見直し
※お客様の停電日程に合せた工程を提案します。