ここから本文

保守・エンジニアリング情報

赤外線映像装置応用による保守点検

通電中に異常過熱箇所の有無を確認できます。
概要 特長 サービス内容 事例

概要

今まで実施できなかったUPS設備の分電盤等、通電中機器を赤外線映像装置による温度分布測定を行います。
その結果、熱画像から異常過熱有無を発見し、事前に処置することにより機器の予防保全が可能になります。

特長

1 運転休止できない機器の異常過熱有無を点検することができます。
2 非接触での映像処理ですので、安全な点検が可能です。
3 定期的な測定を行うことで問題点の早期発見に役立ちます。

サービス内容

赤外線映像装置にて測定した熱画像は、分析し判定を設け報告書として提出します。

測定結果

測定結果

事例

測定事例

変圧器周辺測定事例 UPS素子周辺測定事例
変圧器周辺測定事例 UPS素子周辺測定事例
異常過熱を確認→ネジ締付の緩みを発見→事故の未然防止
MCCB端子部の測定事例(異常過熱発見)
MCCB端子部の測定事例(異常過熱発見)