ここから本文

保守・エンジニアリング情報

油入変圧器寿命診断技術

変圧器の寿命診断により保全計画を提案します。
特長 技術内容

特長

1 変圧器の寿命診断結果により余寿命が予測できるので、各々の変圧器に対応した保全、更新計画が立案でき、設備の信頼性を確保することができます。

技術内容

提案の内容

コイル絶縁紙の機械的強度低下は変圧器の寿命を決める大きな要因であるため、20年程度以上経過した変圧器は絶縁紙の寿命診断を実施されることを推奨します。

<コイル絶縁紙劣化による事故進展メカニズム>
コイル絶縁紙劣化による事故進展メカニズム


診断技術の説明

診断技術の説明

実器解体調査結果(Ycの比較)

絶縁物の劣化特性と診断手順の関係

実器解体調査結果(Ycの比較) 絶縁物の劣化特性と診断手順の関係

診断方法の比較

診断方法 油処理 診断時期 採油 分析 精度 制約条件
重合度法  停止中 内部点検時のみ診断可能
フルフラール法 運転中
(随時)

(300cc)
開放形やアルソ入り変圧器及び過熱等絶縁物の異常がある変圧器は診断不可


診断技術の開発経緯(三菱電機)

 
  1975 1980 1985 1990 1995  
基礎研究 高温劣化試験                  
低温劣化試験            
経年実器での検証                      
診断技術 重合度法          
フルフラール法                      
(CO)+(CO2)法              


変圧器システムのライフサイクル

変圧器システムのライフサイクル


油入変圧器信頼性向上策提案書

油入変圧器信頼性向上策提案書